さわやか倶楽部とは

お客様の喜びは、我々の喜びです。幼年青年老年、共に楽しく過ごせるような社会を目指します。

さわやか倶楽部の想い

ご挨拶

さわやか倶楽部の介護施設に入居している高齢者の平均年齢は約82歳です。

一人ひとりの人生を尊重しながら生き様を振り返り、それぞれに刻まれた長い歴史の重みをしっかりと受け止めて、未来に向かってともに歩んでいくことは、日本の将来を担う私たちの使命ともいえます。第二次世界大戦で、日本人は建国以来初めての敗戦を経験することになりました。

精神的にも物質的・肉体的にも貧困を極め、粉塵の舞う荒野の中、私たちの先輩は必死に生き抜いて苦しい生活を乗り越えながら、子供の教育、又、子孫繁栄のため豊かな国づくりに取り組んできました。

高度成長を成し遂げ、経済大国になったこの国で高齢を迎えた功労者の方々に対し、私たちは普段どれだけの感謝の気持をもって接しているでしょうか。

現在、特別養護老人ホームの待機者は全国で42万人、一人暮らしの高齢者は413万世帯にのぼると言われています。

また、2020年には日本の高齢者人口は3450万人を超えると予想されています。介護の手を必要としながら施設に入居できず、生活に困っている高齢者やご家族の数は、年々増え続けています。

入居しやすく生活しやすい入居一時金不要の介護施設や、安心して利用できる介護サービスを通じて、日本の発展に尽くした大先輩に少しでも恩返しをしたい。そういった強い思い「慈愛の心 尊厳を守る お客様第一主義」を理念とし、(株)さわやか倶楽部が生まれました。ウチヤマグループは、「幼・青・老共生」全ての世代が楽しく過ごせるよう、細やかなサービスの提供を行っております。少子高齢化が進む時代に、心のこもった本物の介護サービスを提供し、文化交流やイベントを通じて地域の活性化に務めるとともに積極的な採用活動を通じて地域の安定雇用を支えてまいります。

また、企業の法令順守(コンプライアンス)と、倫理観の確立、究極のホスピタリティの実践に力を入れ、明るい介護社会の構築へ職員一同ともに全力で取り組んでまいります。

代表取締役社長 内山文治